グーグルの最新スマホ「Pixel 7」のカメラに期待される進化

グーグルが今年リリースする見通しのスマートフォン「Pixel 7」には、大幅なアップグレードが期待されているが、残念なことに、変更されそうにない重要なポイントが1つある。

Pixel 7シリーズには第2世代のGoogle TensorであるGS201チップが搭載される見通しだ。しかし、同じレベルの改良がカメラのハードウェアにもたらされる可能性は、はほぼ無さそうだ。これは、特にズーム機能を期待していた人たちを落胆させるかもしれない。

確度の高いリーク情報で知られるYogesh Brarによると、Pixel 7シリーズのカメラユニットは、Pixel 6と同じものになる可能性が高く、グーグルはソフトウェアとセンサーの強化によって全体的なカメラ性能を向上させようとしているという。

Pixelシリーズの動向に詳しい人であれば、グーグルが最新機種を発表する度に、最先端のカメラ機能でファンを魅了してきたことを知っているはずだ。一部の新機能はソフトウェアのアップデートで旧モデルでも利用可能になるが、最新のハードウェア限定で利用できるものが存在した。

仮にBrarの最新のリーク情報が確かなのであれば、グーグルはGS201の採用によって、いくつかの重要な新機能を実現することになりそうだ。

グーグルは、カメラのハードウェアのアップグレードに時間をかける傾向があり、Pixel 7がPixel 6と同じカメラのハードウェアを維持することは、さほど驚くべきことではないだろう。Pixel 7のイメージセンサーは、Pixel 6に搭載されたたサムスン製の50メガピクセルのIsocell GN1、もしくはそれに近いものにになる見通しだ。

最新型のIsocell GN2が採用されるのであれば非常に嬉しいが、このセンサーはIsocell GN1よりも大きなスペースが必要になるため、光学系の再設計が必要になる。Brarのリーク情報によってその可能性は否定された。

Pixel 6 Proのカメラ性能は、Dxomarkのベンチマークで8位とされ、アップルのiPhone 13 Proにわずか及ばないとされている。しかし、Pixel 7はハードウェアのアップグレード無しで、ランクを上げることが期待されている。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です