ディズニー施設でApple Watchを失くした女性、500万円以上の詐欺に遭った?

ディズニー・ワールドのアトラクションの中でApple Watchを落とした女性が、4万ドル(約509万円)ものクレジットカード不正利用の被害に遭ったと伝えられています。しかし、女性の主張はおかしいのではないかという意見も上がっています。

Apple Watchはスタッフに保管されず

Appleデバイスの紛失や置き忘れ事件の話は絶えませんが、紛失を理由に多額の損失を被るというケースは稀です。まさにそんな事件が、4月13日に米フロリダ州のディズニー・ワールドで起こったと報じられています。

エプコットのアトラクション「ネモと友達のいる海」でライドが高い位置にあるとき、女性がHermès仕様のApple Watchをグレーチング(金属格子の床)から落としてしまったといいます。

女性のパートナーの男性は、デバイスを取り戻そうとライドから降車し、オペレーターにライドを停止するよう頼みましたが、キャストから走行中はライドから降りないよう指示を受け、Apple Watchは後にホテルに返却されるため心配ないと言われたそうです。

その後、女性は事故報告書をディズニーに提出しましたが、彼女のApple Watchはスタッフには保管されていないということがわかりました。

Apple Watchは腕から外れたらロックされるはず?

これが単なるApple Watch紛失事件なら解決の糸口を見つけるのは容易いかもしれませんが、女性はデバイス紛失後にクレジットカードの詐欺警告を受けるようになったと主張しており、状況は混沌としています。

デバイスには限度額のないAmerican Expressのカードも入っていたとのことで、総額で4万ドルもの請求が届いたといいます。

この報道に関して、クレジットカードの請求額が4万ドルに達したというのはもっともな話だが、これがApple Watchの紛失と関係している可能性は低い、と米メディアAppleInsiderはコメントしています。Apple Watchは腕から外すとセキュリティのため自動的にロックされ、支払いにはロック解除の暗証番号が求められるためです。

そのため、カードのクローン、窃盗など、従来のタイプのカード不正利用が起こったという可能性も考えられそうです。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です