アップルの「ヘルスケア」は科学ととも進化する 幹部が語るWWDC発表の新機能

Apple WatchとiPhoneはユーザーの健康を見守り、健康増進を支援するスマートデバイスだ。アップルはその効果を最大化するためエコシステムの中に科学的知見を意欲的に組み込んでいる。

今年、アップルが世界開発者会議「WWDC」で発表したApple Watch、iPhoneの次期OSに追加する「ヘルスケア」と「フィットネス」の新機能は何が革新的なのか。米アップルのCOO(最高執行責任者)であるジェフ・ウィリアムズ氏、ヘルス担当バイスプレジデントのサンバル・デサイ医学博士、ならびにフィットネスヘルステクノロジー担当シニアディレクターのジェイ・ブラニク氏に聞いた。

ヘルスケア機能で大切にする「科学的な知見」と「プライバシー」

アップルがiPhoneとApple Watchの標準アプリとして提供する「フィットネス」と「ヘルスケア」は、HealthKit APIを含む強力なフレームワークにより結び付いている。アプリが互いに連係を図り、ユーザーの健康を日々データ化しながら支えるエコシステムにもアップルらしさがある。

Apple Watchのヘルスケア機能がユーザーの命を救った事例の報告も増えている。2022年初にアップルはApple Watch Series 7の緊急電話機能が人命救助を果たした“お手柄”を約1分間のイメージムービーをにまとめて公開した。

「iPhoneやApple Watchがいつもユーザーの健康管理を支え、時には命を救うきっかけにもなっていることを、私たちも知り、日々の励みとしています。これからも多くの機能やサービスをユーザーに届けたいという意欲がわいてきます」

こう語るウィリアムズ氏は、アップルのヘルスケアとフィットネスに関わる機能の開発にはふたつの大きな原則があることを強調する。

ひとつはその進化が「科学的な知見」に基づいていることだ。watchOS 9の新機能である睡眠ステージがその好例であるとウィリアムズ氏は説く。

「Apple Watchにより正確な睡眠ログを記録して、なおかつ科学的な解析を加えたうえで、詳細な睡眠ステージのデータをユーザーに提供できるところにアップルの独自性があります」

もうひとつはアップルがすべてのサービスの中核に置く、ユーザーの「プライバシー」を重んじる視点だ。

Apple Watchのユーザーは、おそらく誰もが自身の最もパーソナルな情報である健康に関連するデータをデバイスが取得し、数々の機能を提供するためにこれを活用していることを理解しているはずだ。そのうえで誰もが安心してデバイスを使い続ける理由は、アップルによる堅牢性の高いプライバシー保護の技術と、自らの意志により健康に関する情報を親しい家族などに共有できるユーザーインターフェースが厚い信頼を獲得しているからだ。

「ユーザーの健康に関わる重要なデータはメディカルIDを除いて、すべてデバイス上で暗号化されます。iCloudにバックアップされるヘルスケアの情報もまた、送受信中からサーバーに保存されている段階でも安全に保護されます。大切な情報を誰と、どのように共有するかについてはユーザー自身が決めることであり、アップルがその情報に触れることはない」とウィリアムズ氏は言い切る。

睡眠に関する未知の領域をテクノロジーと科学で解明

秋に正式リリースを予定するwatchOS 9とiOS 16のヘルスケアに関わる新機能に、ウィリアムズ氏が言及した科学的知見がどのように活かされているのか、デサイ博士に詳しい説明を聞いた。

先にウィリアムズ氏が言及した「睡眠ステージ」は、Apple Watchを装着しながら眠るユーザーの詳細な睡眠ステータスを記録する新機能だ。

デバイスの加速度センサーと心拍数センサーにより、レム睡眠/コア睡眠/深い睡眠の状態を把握しながらログを録る。睡眠ステージの経過をApple Watch単体で振り返ったり、iPhoneのヘルスケアアプリに蓄積されるデータに心拍数や呼吸数などの情報とクロスさせたハイライトも導き出せる。

「睡眠ステージは、これまでに最も多数・多様な被験者を対象とした睡眠ポリグラフ検査の臨床試験データに基づいて検証を繰り返し、設計された信頼性の高い機械学習のアルゴリズムにより計測されます」睡眠ステージもまた、アップルとブリガム・アンド・ウイメンズ病院、アメリカ心臓協会が連係する研究調査プロジェクトのApple Heart and Movement Studyに提供されるユーザーの睡眠記録のデータをベースに開発された機能だ。watchOS 9の提供開始後、睡眠ステージのデータもまだ次の機能の開発と潜在的な発見のため役立てられるだろう。

医学研究者や医師がiPhone、Apple Watchのユーザーから同意を得て、デバイスを使いながら日々計測する健康に関わるデータの提供を受けて研究のために役立てられる、ResearchKit、CareKitのようなフレームワークを確立していることもアップルの強みだ。

心臓の健康を見守る蓄積されるデータ

私たちの睡眠習慣には地域や文化の差も表れるはずだ。今は米国のみで実施されているResarchアプリによるヘルスケアデータの研究調査モデルを、今後より多くの国・地域のApple Watch、iPhoneのユーザーに門戸を開く形でデータの精度、および機能の使い勝手を高めることも必要ではないか。筆者の期待に対して、デサイ博士が次のように答えている。

「アップルは医学の発展に寄与するさまざまな研究調査との連携を意欲的に拡大しています。日本でも慶應義塾大学病院により、Apple Watchを利用した臨床研究Apple Watch Heart Studyが2021年に開始され、心房細動の研究や心電図アプリで測定する心電図の解析などに成果を挙げています。今後は米国以外にも全世界の研究開発者と連携しながら、より多くの人々に最適化したヘルスケアの機能を届けたいと考えます」

watchOS 9のヘルスケアに関連する機能には「心房細動履歴」もある。心房細動と診断されたユーザーが、Apple Watchが計測する心拍の履歴を元に日々の健康を観察できる新しいツールだ。心房細動履歴は米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けた機能として、米国のApple Watchユーザーから提供を開始する。新機能に寄せる期待について、デサイ博士は次のように語っている。

「心房細動の継続時間が長くなると、うっ血性心不全などの健康リスクの高い合併症の発生を招く可能性があることも明らかになっています。アメリカ心臓協会もまた、生活習慣に関わる因子を対処することで心房細動の継続時間を短縮できる可能性について言及しています。ヘルスケアに心房細動履歴の機能が加われば、睡眠、アルコールの摂取や運動などの心房細動と結びつく生活習慣関連因子を未然に把握し、医療従事者とのコミュニケーションを深めながら対処を講じることも可能になります」

Apple Watchはユーザーの健康増進に寄り添う

Apple WatchやiPhoneのように、ユーザーがほぼ毎日身に着けたり持ち歩くであろうデバイスを活用して、自身の健康状態の変化を中長期的な視点で正しく、そして少ない負担で計測できることの意味は大きいと筆者は考える。取得されたデータが科学的知見と結び付き、やがてヘルスケアの発展に大きく貢献する期待も高まる。

Apple Watchユーザーから人気を集める「アクティビティ」と「ワークアウト」のアプリにも、同じく科学的知見をベースにした革新的な新機能が追加される。

ブラニク氏はこれまでにアップルは、すべてのユーザーが健康の維持・増進に向けてモチベーションを高められるよう、ひたむきにアプリの進化を目指してきたと話す。

「心拍数範囲」もApple Watchと一緒にワークアウトを楽しむユーザーに歓迎されそうな機能だ。ヘルスケアアプリに入力した年齢や安静時心拍数を背景情報として、ユーザーごとに最適化された5つの心拍ゾーンが自動作成される。ユーザーは心拍数範囲を参照しながら目的に合わせたワークアウトに取り組める。ワークアウトの成果を反映して、30日ごとに心拍数範囲を自動更新する機能もまた興味深い。

Apple Watchを日ごろからランニングに活用するユーザーには、「歩幅の長さ」「接地時間」「上下動」などの詳細な「ランニングフォーム指標」を走りながら計測できるwatchOS 9の新機能も重宝するだろう。

「ランニングフォームを測定するために従来は特殊なセンサーが必要でした。アップルのチームは手首に装着するApple Watchのセンサーだけで、正確な指標を導き出すアルゴリズムを開発しました。すべてのランナーに満足いただける機能になるはず」とブラニク氏は胸を張る。

WWDC 2022の数々の発表を受けて、世界中のデベロッパも一斉に開発に乗り出すだろう。きっと秋以降には、Apple Watchのビギナーからヘビーユーザーを問わず楽しめるさまざまなアプリやサービスがApp Storeに揃うはずだ。

デサイ博士は、人が「眠ること」についてまだ科学的に解明されていない領域が広く残されていると語る。米国ではiPhone、およびApple WatchのユーザーにResearchアプリを提供し、個人情報の提供について同意を得たユーザーがヘルスケアに関連するアプリやサービスの研究調査に協力できる環境が先に整っている。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です