iPhone 15は全機種USB-C対応、Pro限定で「高速データ転送」が可能

2023年の発売が予測されるiPhone 15のリーク情報で、アップルが再び価格を引き上げ、標準モデルとProモデルの差を拡大することが明らかになった。さらに、来年の最新モデルは、データの転送スピードも大きく異なることになりそうだ。

著名アナリストのミンチー・クオは、アップルがEUの新ルールの施行に先駆け、iPhone 15の全てのモデルをLightingからUSB-Cポートに変更すると述べている。さらに、標準モデルとProモデルのパフォーマンスには、大きな差が予想されるという。

クオによると、標準モデルのiPhone 15とiPhone 15 Plusのケーブル接続でのデータの転送スピードは、Lighting ケーブルと同じUSB 2.0になるという。一方、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max(ウルトラと呼ばれる)は「少なくともUSB 3.2かThunderbolt 3をサポートする」という。

ちなみに、USB2.0は最大480メガビット/秒で、USB3.2は最大20ギガビット/秒(2500メガバイト/秒)と、2つの規格の速度差は40倍以上に及ぶことになる。

「このスペックアップは、ハイエンドモデルではデータの転送とビデオ出力のユーザー体験が大幅に向上することを意味する。さらに、現状ではUSB 2.0が主流のアンドロイド端末メーカーも、この流れを追随することになりそうだ」とクオは述べている。

ProモデルのiPhoneのカメラは、ProRAWで撮影するため、ファイルサイズは標準画像の最大10倍にも及ぶ。ProRAWは主にプロや写真家志望の人々が使うもので、これらの画像をエクスポートする上で、USB-Cへの移行は非常に意味のあるものと言える。

しかし、その一方で、理にかなわない部分もある。なぜなら、標準モデルを含む最近のiPhoneはすべて4K動画に対応しており、ProRAWよりも圧倒的に多くのストレージを使用するため、USB 3.2の転送スピードが最も適しているからだ。

さらに、これほどまでにアップルが、Proと標準モデルの差を広げることは、衝撃的にも思える。今年のiPhone 14とiPhone 14 Plusの売り上げが低迷している中、来年の標準モデルとProモデルの差をさらに広げることが、同社にとって最善の選択なのだろうか?

特に、来年の端末は、さらなる値上げも予想される。今年のiPhone 14のProモデルの売上は比較的好調だが、筆者はこの戦略が長期的に持続可能なものと思えない。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です