Metaが「強制的」なパーソナライズド広告のデータ保持で提訴される

人権活動家が英国の高等裁判所でMeta(メタ)を訴えている。これは他のソーシャルメディアサイトや検索エンジンにも深刻な影響を与えかねないケースだ。

英国でGDPR(EU一般データ保護規則)が採用された2018年以降、インターネットユーザーは自分の個人データの削除を要求する権利を持つようになった。

しかし、活動を行っている法律事務所Foxglove(フォックスグローブ)のシニアフェローであるターニャ・オキャロルは、Metaが広告ターゲティング目的の個人データの収集と処理を止めるよう求められてもそれを拒否し、英国のデータ法に違反したと訴訟で主張している。

「私たちは、ただオンラインで友人や家族とつながるのに、個人的な生活の詳細をすべて彼らに提供する必要はないはずです」と彼女は語る。

「法律は、私たちが個人データをコントロールする主権取り戻し、Facebookが私たちを監視し、追跡するのを止める権利を与えてくれます」

2021年の今頃、Metaは健康状態、性的指向、宗教的・政治的信条など、顧客のセンシティブな個人データを収集しないことを発表した。

しかし、オキャロルによれば昨年6月から今年10月にかけて同社は政治、人間関係、心理的な事柄など、多くの「センシティブな広告」を彼女に割り当てていたという。

彼女は、損害賠償を求めるのではなく、単に法的な明確さを求めているのだという。

この訴訟は、民主主義に対するデジタルな脅威に対処するための財団であるLuminate(ルミネイト)から資金の提供を受けている。

「私たちが資金提供している訴訟は、Facebookがサービスの利用条件としてユーザーにパーソナライズされた広告を受け入れなければいけないよう要求していることに異議を唱えるものです。その根幹は、人々はプロファイリングされることなく、家族や友人とつながり、情報にアクセスし、サービスを利用するためにソーシャルメディアを使用することを選択する権利を持っているという事実にあります」と、声明で述べている。

「この訴訟は英国の個人によって起こされていますが、勝訴すれば、オンライン体験の一部として侵略的な監視とプロファイリングを受け入れざるを得なかった英国、EU、そして世界各国の検索エンジンとソーシャルメディアの数百万人のユーザーにとって前例となる可能性があります」

英国の競争規制機関である競争・市場庁は、2020年の報告書で、Facebookが「デフォルトの設定で、人々がサービスを利用し、データを提供するように誘導している」と結論づけた。これには、ユーザーが「サービスを利用する条件としてパーソナライズド広告を受け入れる」ことが必要条件として含まれていた。

「私たちは、プライバシーがユーザーにとって重要であることを知っていますし、これを真剣に受け止めています」とFacebook広告担当者はいう。

「だからこそ、我々はプライバシーチェックや広告設定のようなツールを構築し、人々がどんなデータを我々に共有しているのかを説明し、彼らが目にする広告の種類について自分たちでコントロールできる方法を示しているんです」

しかし、これはオキャロルにとって十分ではなかった。彼女の不満は、削除する権利についてであり、Metaはまだ具体的に対処していないという。

「今回のケースは、私の異議申し立て要求を拒否することで、Metaが法律を破っていることを示しています。私たちはみんな、GDPRの下でダイレクトマーケティングのための個人データの使用に異議を唱える権利を持っていますが、同社は、なぜこれが自分たちに適用されるべきではないのかという法的論拠を作り出そうと必死になっています」と彼女は語る。

「私たちが勝訴すれば、ヨーロッパ中の誰もが異議申し立ての権利を行使できるようになり、ソーシャルメディアを利益ではなく人々のために取り戻すための重要な一歩となるでしょう」

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です