新世代M2チップ搭載、最新MacBook ProとMac miniの真価

Apple(アップル)が独自設計による新世代のシステムチップ「Apple M2」のラインナップ拡大を発表した。同時に上位チップである「M2 Pro」を搭載するMacBook Proと、据え置き型のMac miniも2月3日に新製品を発売する。各実機を試しながらMacの現行ラインナップを整理整頓してみたい。
アップル独自設計のApple M2チップが上位に拡大
アップルは2020年11月に自社で設計を手がける「Apple M1(以下、M1)」チップを発表し、当時の新製品であるMacBook Airと13インチのMacBook Pro、据え置きのMac miniに採用した。CPUとGPUの高い処理能力、優れた電力効率そして機械学習処理に特化するNeural Engineのテクノロジーをマイクロサイズのチップに詰め込んだ。

M1チップはデバイスをまたいでiPad Pro、iPad Airにも広がった。さらに2021年秋にアップルはM1チップのアーキテクチャをスケールアップした上位のM1 Pro、M1 Maxを発表。筐体のデザインを一新した14インチ・16インチのMacBook Proに採用する。

2022年夏にはM1から順当進化を遂げたM2チップが生まれた。同じ5ナノメートルながら第2世代のプロセスノードが採用され、パフォーマンスと電力効率がともに向上。新しいチップを搭載する最初の製品である、13.6インチのMacBook Airはデザインも一新されて話題を呼んだ。M2チップによりRAW画像や動画の編集に代表される高負荷なタスクも軽快にこなし、なおかつタフなバッテリー性能を実現したことに筆者も感嘆した。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です