残念すぎる「iOS 16」で消えた機能とサポート終了機種まとめ

2022年9月13日、Appleの新作OSであるiOS 16がリリースされた。iOS 16ではさまざまな便利機能が追加され、大きな話題となっている。しかし、その一方でサポートが終了となった機種や、ひっそりと消えた機能もあるのだ。

今日は、誰でも簡単にマネできるiPhoneの便利技を日々発信しているインスタグラマー・かな/ iPhoneカスタマイズする人@icon_pegoさんが投稿した『iOS 16で消えた機能』について、皆さんにご紹介しようと思います。

かな🦭 / iPhoneカスタマイズする人さんは、先日Instagramへ下記の文章とともに、iOS 16からなくなってしまった機能を紹介した画像を投稿した。

こちらの投稿には、1300件近い「いいね!」が付き、大きな反響を呼んでいる。それではさっそく、この投稿ついて詳しく解説していこう。

最新「iOS 16」にはどんな機能がある? 注目の新機能まとめhttps://otona-life.com/2022/09/17/136251/2022年9月13日、iPhone用の最新OSである「iOS 16」がリリースされました。メジャーアップデートでは毎回さまざまな新機能が追加されていますが、iOS16ではいったいどのような機能が利用できるようになったのでしょうか? そこで今回は、iOS 16で新たに追加された注…

iOS 16から消えた機能!

iOS 16から消えた機能の一つ目は、「Live壁紙」である。「Live壁紙」とは、ロック画面の長押しをすると、3D Touch機能で壁紙が動くというものだ。iOS 16では、ロック画面がカスタマイズできるようになるという、大型アップデートのアップデートが行われたため、それに伴いこの機能が廃止されてしまったらしい。

Live壁紙をダウンロードする専用のアプリなどもあったため、愛用していた人はさぞショックだろう。

続いて二つ目は、ロック画面でFace IDを使用する際などに表示されていた南京錠のマークが、iOS 16からはロック解除後に消えるようになったそうだ。鍵を開けた感じが分かりやすく、筆者も結構好きなマークだったのだが、Appleとしてはマークの挙動にあまり重きを置いていないようだ。

三つ目は、ホーム画面の下にあるドットだ。アプリが多い人は、ページ数によって増えていたはずだが、これがiOS 16からはデフォルトが「検索」のマークとなっている。
これに関しては、「設定」から元に戻せるので、「検索」よりも「ページ」の表示が欲しい人は、更新後に自分で変更しなおそう。

サポートが終了した機種も!

そしてラストの四つ目は、サポート対象の機種が大幅に縮小したことだ。今回のアップデートでサポート非対応となった機種は、iPhone SE・iPhone 6S、iPhone 6S Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusの全5機種だ。

2015年に販売開始し、初のローズゴールドが登場したiPhone 6Sが、7年間サポート対象機種だったことにも驚きを隠せないが、今回のアップデートでいよいよ対象から外されたらしい。しかし、2019年に販売が終了したiPhone 7に関しては、いまだにユーザー数も多く、サポート終了による落胆の声がネット上には多くあがっている。

サポートが終了した機種のiPhoneをお持ちでも、急に使えなくなるわけではない。しかし、アップデートの提供が終わるということは、最新のソフトウェアに更新することが出来なくなり、アプリなども徐々に対象外となるため、結果的に買い替えが発生してしまう可能性は高いだろう。

買い替える方はなるべく最新機種を

この投稿を見たインスタユーザーたちからは、「進化してくにつれて無くなっちゃうものもあるのか。ライブ壁紙好きだったから残念です」との声や、「15でよかったな〜。できるできないの差がiPhoneとAndroidって感じがしてよかったのに、残念」など、さまざまなコメントが寄せられている。

サポート対象外となった機種も多く出てきた、最新のiOS 16。円安によって、新規のiPhoneが値上がりとなった今、サポートが終了したiPhoneをお持ちの方は、セキュリティ面での問題が起きる前に対策を行うことが重要だ。

ユーザー個人が出来る対策は、やはりサポート中の機種に買い替えるしかないのだが、安いからという理由でiPhone 8などを選ぶと、また来年の大型アップデートでサポートが切られてしまう可能性もあるため、次はなるべく最新かそれに近い機種を選ぶのがいいかも知れない。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です