アップルのクレイグ・フェデリギが語るiPadマルチタスク強化の理由

アップルの開発者向けイベント「WWDC」は、同社のソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギにとって、1年で最も多忙な時期だ。彼は、2時間に及んだ今年のキーノートの大半でステージの中央に立ち、アップルウォッチやiPhone、Mac、iPadの新機能を紹介した。フェデリギは忙しい中、筆者のインタビューに答え、iPadにとって今年が鍵になると考える理由を話してくれた。

筆者はまず、iPadとMacのソフトウェアプラットフォームが年々似てきている理由や、両者の違いについて尋ねた。

「私は、iPadとMacを使い分けながら愛用している。Macは、外付けの大容量ストレージやディスプレイと接続が可能でパワーがあり、ホビイスト向けの機能が充実している。Macは、根本的には開発用のプラットフォームだ。一方で、iPadは持ち運びが便利で、楽な姿勢で手に持ったり、読書するときは画面を縦向きに回転できるなど、使い方や世界との繋がり方が多用だ。また、作業をするときは、外付けのキーボードやトラックパッドに接続したり、スタイラスペンでメモを取ることができる。iPadは、高性能なカメラを搭載しているので、世界をキャプチャしたり、AR体験を楽しむことも可能だ。また、外部ディスプレイに接続できるようにもなった。iPadは、どこへでも持ち運べ、多様な用途に対応した製品としては究極のものだと考えている」とフェデリギは述べた。

つまり、iPadにキーボードとマウスを追加すると、タッチスクリーン型のMacBookになるということなのだろうか?「iPadとMacとでは、ユーザー体験は全く異なる。iPadのコアな体験はタッチファーストで、手に持って使用することであり、それに特化したシンプルな設計となっている」とフェデリギは説明する。

iPadには、マルチタスク機能「Stage Manager」が新たに搭載された。これは、iPadの画面上で複数のアプリを同時に開くための機能で、新たなMac向けOSにも実装される。しかし、Stage Managerは、同時に4つのアプリしか起動できない(外部モニターに接続すると、さらに4つのアプリを起動することができる)が、このような制限を設けたのは何故なのだろうか?

新たな体験の提供を「妥協しない」

「iPadが提供する操作の円滑さや反応性に関しては、絶対に守らなければならない基準がある。タッチ操作であれば、ユーザーは指を置いた瞬間に反応が得られなければデバイスとのつながりを感じることができない。ユーザーが期待する反応性を実現するハードルは非常に高い。デバイスの処理能力とグラフィック性能のバランスを取りながら、アプリが何個までならリアルタイムで応答し、高い反応性を実現できるかを確認している」とフェデリギは述べた。

「ユーザー体験の観点からも、隠されたウィンドウを探したり、管理する必要がないようにしたいと考えた。Macユーザーで、多くのウィンドウを開いている人であれば、隠れたウィンドウが増え、常に移動させたり、隠すウィンドウを選んだりしたことがあるだろう。我々は、iPadではこれを完全に自動化し、ステージ上にある全てのウィンドウに同時にアクセスできるようにしたいと考えた。4つのウィンドウであれば、自動的に移動させ、全てのウィンドウにアクセスできるようにすることができる。結果的に、非常にバランスの取れたソリューションになった」とフェデリギは話す。

この新機能は、最新のiPad ProとiPad Airにのみ実装されている。アップルは、基調講演でこの点を強調し、セクションの冒頭でも新機能がM1チップ搭載のiPad専用であることを説明した。筆者はフェデリギに対し、Stage ManagerをM1チップ搭載モデルに限定した理由を尋ねた。彼が述べた最初の理由は、「反応性の高いユーザー体験を維持するため」というものだった。また、Stage Managerには、M1チップを搭載したiPadで使用している高速の仮想メモリスワップが必要だという。アップルは、Stage Managerを他のiPadでも使えるようにしようと試みたのだろうか?

「プロトタイピングを開始してすぐに、私たちが設計したユーザー体験を提供できないことが明らかになった。新しい体験を全てのデバイスで提供できるのがベストだが、そのために新しい体験の定義を妥協することは避けなければならない。今回は、M1チップをベースとすることでしか実現できなかった」とフェデリギは言う。

iPadには昨年も大きなアップデートがあったが、今年はより重要な年になりそうだ。「機能によっては、開発に数年を要することがあり、我々が一生懸命取り組んでいるものについては、毎年が重要だと言える。Stage Managerのような機能は、準備に長い時間をかけ、あるタイミングで大々的にリリースする。これまで我々が時間をかけて開発してきた機能を全て世に出せてこられたことは喜ばしいが、今年がiPadにとって特に重要な年であることは確かだ」とフェデリギは語った。

投稿日:
カテゴリー: 情報

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です